吉澤ひとみどうしちゃったんだ

吉澤ひとみが飲酒ひき逃げで逮捕されてしまった。
ファンにはショックな出来事だろう。
俺は特別アイドルに入れ込んだことはないが、吉澤ひとみは綺麗で
可愛いと思っていた。

個人的な感想だが、吉澤ひとみはメンタルに問題があるのだろうと思う。
ストレスがかかると、その原因になった出来事を反芻してしまい、
脳がストレスでダウンしてしまいやすいんじゃないだろうか。

もう芸能活動はできない、社会生活もままならない、
なんて意見も見かける。

モーニング娘。として多くの人に夢や希望を与えた存在だ。
なんとか立ち直ってほしい。

自身の行為を反省し、二度と同じことを繰り返さないことを誓い、
そのための行動を続けて行ってほしいと思う。

とりあえず酒はやめた方がいい。

俺もそうだが、メンヘル気味でアル中気質の人間にとって酒は猛毒だ。

 
ご協力お願いします

 フリーターランキング

ニート日記ランキング 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日常の当たり前に感謝し、非常時に楽しさを見出す

北海道大規模停電により、日々当たり前に食べている食事や、当たり前に享受している水道、電気などのありがたさを感じた。

悪いことばかりでも無く、暗い中で見上げる星はとても綺麗で心が洗われる。

電気が発明されるまで、人々は暗くなったら、潔く眠っていたのだろう。

テレビやスマホやゲームで、無駄に夜更かししている現代人の生活スタイルは本当にしあわせなのだろうか?

自然の理に反した、健康を悪化させる生活を見直す機会にしたい。

「発達障害と結婚」を読んでの感想

発達障害カウンセラー吉濱ツトムさんの「発達障害と結婚」を
読んで勉強になったので感想を書きたいと思う。

ことが書かれている。

男性の生涯未婚率は23.37%

昔はお見合いがあったので、多少コミュニケーションに難を抱えていても
結婚することができたが、現代の日本ではなかなかそうはいかない。
50歳まで一度も結婚したことがない男性の「生涯未婚率」は

平成27年の厚生労働省の調査で23.37%とのこと。

これは男性のほぼ4人に1人が結婚しないで一生を全うするということである。
なんともしんどい数字である。
自分はなんとか「結婚する側」になりたいが、今のままでは
結婚しないで一生を全うする側」になってしまいそう…
そして、「離婚率」も凄く高いようで、「3組に1組が離婚する

というデータがあるようだ。

なんとも世知辛い話だ。
私にとっては結婚すること自体かなりハードルが高いのに、結婚できたとしても30%近くが離婚してしまう。

結婚して離婚せず一生を全うできる人は完全に「勝ち組」だと思う。

ましてや私のような発達障害者はかなり険しい道が待っているのでは
ないだろうか…

発達障害者当事者の人は結構独身主義者が多いようだが、
私は寂しがりやで女性大好き人間なので、できれば結婚したい。

この本を何度も読み返して自分に最適なパートナーを見つけ、幸せな結婚生活を
一生続けていきたいと思っている。

フラれても落ち込まないで切り替える

発達障害者はコミュニケーションが苦手なので、恋愛もなかなかうまくいかない
ことが多い。そして、フラれたからと言って相手が原因を教えてくれるのはまれだ。わざわざフッた相手の欠点を指摘し、恨まれるのも建設的ではないから当然のことだろう。

私がそうだが、特にアスペルガーの人は純粋で打たれ弱い人が多い。
理由もわからずフラれ続けると、頭の中が否定的な感情に支配され、
鬱のような状態になりがちとのこと。

私も最近フラれ、鬱のような気分になってしまった。
もろにこの本に書かれている状態に当てはまっている。

「自分に価値がない」わけではなく、人には相性があり、
たまたま相性が合わなかっただけであると考えるのが、
自然であり、メンタルにもよい考え方だろう。

以下、特に役立つと思った箇所を引用したいと思う。

仕事に関する知識なら必死で勉強するのに、恋愛については学ぼうとしません。じつは恋愛に関しても練習や学習が有効なのです。

漠然としていて答えがないような恋愛においても、練習や学習が必要
という視点はなかなかもてなかった。
ときめき」「ドラマチック」「真の愛」というある種恋愛に対する
幻想も大事かもしれないが、戦略的に恋愛を攻略するしたたかさも
必要だと感じる。

自分がしてもらえることではなく、自分がしてあげられることをしっかり相手に伝えてアピールしなければ、次のデートに進むことはありません。
パートナーはあなたの御用聞きではないことを肝に銘じ、「結婚したら自分は何をしてあげられるだろうか」ということを、いま一度考えてみてください

発達障害を持つ人は苦労した人生を歩んできたから、相手に与えるよりも、相手から求める傾向が強いと思う。
私もそうだ。でも、それでは恋人を作るのは夢のまた夢になってしまうと思う。
商売でも、恋愛でも相手の立場に立った視点がないと上手くいかないのだろう。

結婚相手はひとりでいいのですから、本来的には万人受けは必要ありません。マッチングさえうまくいけば、パートナーは見つかるのです。

言われてみればそうだ。ついつい、より多くの女性にもてたいと考えがちだけど、王様じゃあるまいし、たくさんの女性を囲うわけでもない。
自分に合う最適な人と出会えればそれでいいのだ。

特別な恋愛感情がなくても、一緒にいてお互いが心地よく感じられるなら、それで十分です。

「心地よさ」を大事にする。この発想はなかなか持てなかった。
ドラマや漫画の影響でどうしても恋愛に夢を求めている自分がいる。

流動性のない環境では、つねにもめごとが起こります。人間関係のトラブルは人の内的要因ではなく、外的環境から生まれるものです。わかりやすい例が学校でのいじめ。小中高ではけれども、大学ではまず見られません。

どんなに分かり合えた二人でも、いつも一緒にいては息が詰まり関係が壊れる。
お互い別々の趣味のサークルに参加するなど、他の居場所を確保しておくのが
大事なんだろうと思う。

全体的な感想

この本を読んで、恋愛・結婚はきちんと計画を立てて進めて行かないと
上手く行かないのだろう、と感じた。
恋愛に夢を持つのは悪いことではないと思うが、冷静に目指すべき方向性、
現状、改善点を都度書き出してお互い話し合い、よい関係を維持していく
努力が欠かせないだろうと思う。
恋愛に限らずコミュニケーションに対しても大変役立つ情報があり、
勉強になった。

 
ご協力お願いします

 フリーターランキング

ニート日記ランキング 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

興味のない話にはリアクションが悪くなってしまう

興味の無い話が苦痛でしょうがない

発達障害者の特徴でもあるのだが、
自分が知らないこと、やったことないこと、
興味のないことの話をされるのが苦痛でしょうがない。

苦痛でも適当に話を合わせようとするのだが、
あからさまに反応が悪くなり、
声のトーンが下がり、口数も減ってしまう。

自分でも「こりゃまずいな。相手に不快感与えてるんじゃないか」
と思って、頑張ってテンションを上げようとするが、
どうしてもテンションがあがらず、微妙な空気になってしまう事が多い。

人間は社会的動物だから、できれば色々な人と、
打ち解けて、円滑なコミュニケーションを取り、
人と協力して気持ちよく仕事や遊びに取り組んだ
方がいいに決まっている。

そこでちょっとでも、流行に興味を持とうと、
Twitterのトレンドの順位をなるべく
チェックしようとしているが、
やっぱりみんなが興味を持っているような
ことにはなかなか興味を持てない。
どうしてもどうでもいいと思ってしまう。

困ったものだが、何かいい方法はないか、考えていきたい。
 

あと、これも発達障害者に見られることのようなんだが、
聴覚が普通の人と違うようだ。

聞こえが悪い訳ではなく、
むしろ全ての音が聞こえすぎてしまい
必要な音を聞き分ける、といったことが苦手。

しかも鼻炎傾向もあり声が鼻にかかり、
発声しずらくなることが多い。

職場など、雑音がある場所では相手の話を聞き取るのも
一苦労だし、鼻炎の症状があるときは自分の声を発するのも一苦労。

話題が少ないことといい、ほんとコミュニケーションに向いていない人間だ。

まー今はlineやTwitterなど文字でコミュニケーションを
取ることが多い時代だから、昔よりはなんとかなる環境だけどね。
足りないものを嘆くばかりでは悲しくなってくるから、
あるものを活かすことを考えたい。

ご協力お願いします

 フリーターランキング

ニート日記ランキング 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

真夏の甲子園って拷問じゃないか?

高校球児に対しての憧れ

今週日曜8月5日から
第100回全国高等学校野球選手権記念大会
が始まる。

私は集中力がないので、スポーツ中継を見続ける
ことが苦手で、ほとんどスポーツ中継は見ないのだが、
高校野球はたまに見る。

夏の風物詩のようなものだし、
サッカーのように慌ただしさもなく、
ゆったり見れるのも野球が好きな理由だ。

30代後半のおっさんがこう言うのもなんだが、
高校球児に対して憧れのようなものもある。

自分は子供の時からコミュ障かつ運動音痴だったので、
三年間厳しい上下関係や、高度なコミュニケーション力を駆使して
仲間との絆を作りつつ、過酷なトレーニングを継続している、
彼らに対して畏怖の念すら抱く思いである。

自分にはない、優れた身体能力、
優れたコミュニケーション力に惹かれてしまう。

甲子園からはスターもたくさん出ている。
私は2006年の夏の大会で優勝した
早稲田実業(現日ハム)の斎藤佑樹選手のファンである。

私は北海道の人間だから、
2006年の大会では駒大苫小牧を熱心に
応援していたので、
当時は「敵」だと思っていた。
しかし、その後、北海道の球団である日ハムに入団が
決まってから、彼の爽やかなルックスや
紳士的なふるまいを見てファンになった。

プロではなかなか結果を出せていないので、
本人も大変苦しそうで、
ファンとしてもつらいところだ。

一ファンとして思うのは、
もうそろそろ野球に見切りをつけて、
第二の人生に踏み出してもいいのではないかと思う。

彼だったら、頭もいいし、爽やかなルックス、
知名度があるから他の世界でもきっと成功するんじゃないかな。

まぁ、ファンとしては彼が野球を
続ける限りは応援していきたいと思っている。

夏の高校野球全国大会はドームでやった方がいい

最近メディアでもここ数年の異常な
高温の中での夏大会開催について、
考えなおした方がよいという議論がよくなされている。

私も、これだけ温暖化が進んでいる
以上野外での開催にこだわる必要はないと思っている。

真夏に甲子園で必死にプレーする球児の姿は、
甲子園の魅力の一つだが、
ここまで毎日暑い日が続くようなら
ドームでの開催に変えた方がいいと思う。

これだけ暑い中で高校生に
スポーツをさせるのは、もはや虐待という気さえしてくる。

野球ファンとして、時期をずらすか
ドームでの開催にするかどちらかにしてほしいと強く望む。
もしくは、北海道での開催もありかもしれない。
釧路あたりだったら夏でも涼しい。

ご協力お願いします

 フリーターランキング

ニート日記ランキング 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

風邪をひいてしまった

夏風邪をひいた

バイト先のコールセンターは冷房がガンガン効いているので、
いつも上着を持って行っている。

しかし、上着を忘れてしまって、
寒い中で働く羽目になってしまった。
次の日は咳、熱、だるさがあり、風邪をひいた。

風邪をひいてしまうと頭も回らなくなるし、
体も動きにくくなるし、
気分も落ち込んでくるからホント嫌だ。

経済やブログについての勉強も全然頭に入ってこない。

風邪ひいたときは、勉強はやめて完全に休んだ方がいいのかもしれないけど、
30代後半で超低収入の自分の現状を考えたら、
できるだけ休みたくない、という心理が働いてしまう。
 

逆にやばい状況だからこそ冷静になって、
休むべき時にしっかり休まないと
ダメなのかもしれないんだけどね。

こういう時にメンターになってくれるような
素敵な彼女がいればいいのにな~

でも、いくら実家暮らしでも年収250万位は稼がないと、
彼女と交際しても交際費もままならないよなぁ。

ほんっと、ある程度の年収までは
金=幸せ
だとつくづく感じる。

実家暮らしでも年収250万はないと、
ロクにストレス解消もできないし、
現状をよくするための努力をする環境
も用意できないんだよな。

貧乏でも、協力してくれる友達が
いればなんとかなりそうだが、
コミュ障で友達もほとんどいない。

発達障害で貧乏ってマジで脱出難しいと思う。

弱音を吐いてばかりいても仕方ないので、
とりあえず今はきちんと働き、
お金を稼げるようになることが、
最優先事項だ。

ご協力お願いします

 フリーターランキング

ニート日記ランキング 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ラベンダー園に行ってきました

ラベンダーを見てきた

個人的にラベンダーを見たかったのと、親孝行も兼ねて、
親と一緒に北海道中富良野町ファーム富田へ行ってきた。

ラベンダーは綺麗だったけど、
今日は北海道も気温が高く、
中富良野の気温は32度。
天気も快晴だったので、
かなり暑かった。

お客さんはアジア系の外国人観光客が大半で、
日本人を探す方が難しいくらいだった…

もはやインバウンド旅行客は経済にとって
欠かせない存在だからありがたいことだけどね。

少し体重が増えた

今朝体重を計ったらちょっと増えててへこんだ。
ここ最近、コンビニ弁当を食べたり、
パンなどの間食を食べていたので、
少し体重増えてしまった…

私は昔から少しポッチャリしていて、
スリム体型になったことがない。

人生一度でいいからスリム体型になるのが、
一つの夢である。

Amazonで、評判のいいダイエット本を買ったんだけど、
時間が取れず、読まずじまいになっている。

本を読んで、書かれている内容をきっちり
実践して痩せたいと思っている。

本でだめなら、ボクシング習うか
ジムに通って筋肉つけてダイエット
しようかなーって思っている。

職歴はからっきしだめだから、
せめて見た目くらいは
整えたい。

ご協力お願いします

フリーターランキング

ニート日記ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

短期バイト一週間を終えて

一週間働いてみて

約三か月ぶりの労働だったので、不安もあったが、
コールセンターの短期アルバイト
開始から1週間が経った。

まだ、研修中なので実際の業務に入らないと
分からない部分もあるが、
時給が平均より低めということもあり、
業務は簡単で、ワリと順調に進んでいると思う。

ただ、業務内容的にクレームが
多い仕事だと思う。
それは覚悟している。

来週中にはデビューして
お客様対応が始まる。
逃げ出すことなく契約期間満了までは全うしたい。

仲間を作る

コールセンターの場合、
ある程度業務知識があれば、
管理者の力をあまり借りないで
一人で仕事をこなすこともできないわけではない。

しかし、この仕事に付き物である、
クレームを引いてしまった時などは、
一人で対応するのは困難だし、
通話終了後に愚痴を聞いてくれる人が
いた方が立ち直りやすいと思う。

仕事を楽しくスムーズに進めていくためにも、
コミュニケーションの訓練のためにも
自分から色々な人に話しかけ、
仲間を作り、
自分の居場所を作っていきたいと思っている。
 

ただ、発達障害の特徴の一つである
「興味の限局性」が
あるから、普通の人が興味を持つことに
なかなか興味を持てない、という性格傾向がある。

この性格のせいで話についていけなく
なかなか人との仲を構築できないことが多い。

ほんと発達障害は現代社会で生きて行くのには
不利だと思う。

ただ悪いことばかりではなく
決まったことを淡々とこなす能力、
自分の好きなことは夢中になって取り組み能力、
常人では思いつかないような発想をすることが
できるなど、
この障害ならではの強みもあるので、
長所を伸ばしていくことに注力していきたいと思っている。

ご協力お願いします

 フリーターランキング

ニート日記ランキング 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ニートは何故社会とかみ合わないか

目立たないがホームレスは結構いる

昨日夜バイトの帰り、
チャリンコで走っていたら、
ボロボロで大きなボストンバックを
持って座り込んでいる二十代~三十代位の
ホームレスと思しき男性を500メートル圏内で二人みかけた。
少しお金に余裕がある人は
ネットカフェに行っている人も
いるだろうし、
夜中は色々歩き回って
時間を潰している人もいるだろう。

ホームレスの人数は減っているとの
報道をみるが、やはりまだまだいるんだなぁ、
と思った。
私もつい最近まで、
エア出勤をしていたから、
半分ホームレスみたいなものである。

ニートやホームレスになる理由

何故、私やホームレスになってしまう人は社会から
落ちこぼれ孤立してしまうのだろうか。

第一に思いつく理由としては、
コミュニケーション能力の欠如である。

コミュニケーション能力があれば、
職場でもうまくいくことが多く、
退職に追い込まれにくいと思う。

また、恋人がいて友達が多ければ、
相談もできる。

自分一人で悩んでいても、
導き出せる解決策は知れているが、
他者の知恵を借りれば、
思いがけない突破口が見つかったりすると思う。

最悪友達の家に泊めてもらったり、
お金を借りることもできるかもしれない。

友達がいれば、
日々の充実感が増し、
自己肯定感も高まりやすく、
幸福度も上がる。
幸福感があれば病気に対する
免疫力もつくだろうし、
仕事に向かう活力も湧いてくる。

恋人の存在は最も大きいかもしれない。
性欲は三大欲求の内の一つ。
恋人がいるといないでは、
体も心も充実感が全く違うと思う。

コミュニケーション能力が高いことは
いいことづくめだが、
大人になってから、
コミュニケーション能力を
訓練する場があまりないというのが現実。

物心ついた時からコミュ障を
自覚している自分としては、
スクールカーストや就活、
職場、どこに行っても、
コミュニケーション能力が持っている者が偉い
という風潮には心底うんざりしているけど。

今の日本社会では、コミュニケーション能力がない人間は
自然淘汰されるより仕方ないのだろうか。

今はひたすら、AIに更に進化してもらって、
従来のコミュニケーション崇拝
の社会を変えてくれるのを願っている。

そうはいってもAIによる革命は
いつになるかわからない。

まだまだ、コミュニケーション能力重視の社会は続くだろうから、
社会に適応できるよう、少しでも改善していきたいと思う。

↓ご協力お願いします


ニート日記ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

職歴について

30か所以上の職場を転々としている

高校時代にメンタルが参ってしまったから、
高校卒業してすぐに就職するという選択肢はなかった。
また、当時は超不景気で私のような落ちこぼれは
まともな企業に就職できそうもなかった。

就職は厳しいから大学に行って、
勉強しながら体調を安定させたいと思い、
親に大学に行きたいとお願いした。
しかし、親も会社が不景気で正社員じゃなくなっていた
こともあり、
「大学に行かないで働いてくれ」
と言われてしまった。

親に精神状態が悪いから、
無理だと言っても聞き入れてくれない。

親は息子が精神病ということ自体が受け入れられないようで、
話にならなかった。

親世代は今のように精神科に通うことを
オープンにできるような価値観じゃなかったから仕方ないのかもしれない。

「精神病患者は人にあらず」とばかりの固定観念が
染みついてしまっている。

ネットなんかを見ても
思春期でメンタルやられてしまった
子供に対する親の態度としてよくある
状況のようである。

私は発達障害持ちだが、
診断を受けていないものの、
親も完全に発達障害に該当している。

健常者の親だったら、
息子が真っ青な顔して、
SOSを上げていたら、
病院に連れていき、
しっかり治療していると思う。

親自身が障害持ちだから、
「息子が精神病」という
事実を受け入れるだけの
脳の容量がないのだろう。

今さら親を恨んでも仕方ない。
親は親で大変だったんだと思うようにしている。

そんな状況だったので、
高校卒業したらフリーターになると決め、
コンビニ弁当を作っている
製麺工場のアルバイト従業員の面接を受けて合格した。

体調が悪いこともあり、
気乗りしなかったが、
しばらくはここで勤めようと決意。

しかし、元々不器用で、要領が悪い私にとって、
仕事がとてつもなくきつかった。
バテバテの状態で仕事をしていたので、
作業の質も悪く、先輩から怒られてばかり。
体力的にも、
メンタル的にも耐えきれず、
三日でやめてしまった。

親は「とにかく続けろ」
の一点張りだったがどうしても無理だと感じたから退職した。

その後は、和菓子工場、清掃、農作業の季節バイト、
お店の店員、新聞配達、倉庫作業、食肉加工工場、
コールセンター等の職業を転々とし、
転職回数は30社~40社位だと思う。
(自己嫌悪に陥るから正確に数えていない…)

自分の身の振り方をきちんと模索しなければいけない

幸いここ数年くらいはうつ病の症状は
だいぶん良くなっている。

30代後半になってもまともな職歴がない、
というのはなんとも笑えない話だが、
事実だから仕方がない。

自分の不甲斐なさと運の悪さだと、
割り切り、今後の最善の身の振り方を
模索していかないことには
現状はよくならない。

このままで行くと、
親が死んでしまったら、
生活保護か自殺しかないだろう。

生活保護は人道的な、
制度で社会にとって必要不可欠な制度だと思っている。
社会の欠陥により生じた問題で、
病気になる人や、働くことができなくなっている人もいる。
病気やのっぴきならない事情で、
働けない人は堂々と受ければいいと
思っている。

生活保護を「ナマポ」と蔑み、
何も考えないで、
受給者を批判する意見を見ると、
投稿者の無教養ぶりに哀れさを感じる。

私もどうしようもなくなったら、
お世話になるかもしれないが、
可能なら自分で働いて
仕事を通して、
貢献感や充実感を味わい、
経済的にも余裕を持ちたい。

現状を立て直すために、
このブログを続け、
自分の思考を整理し、
自分の思考や行動を客観視し、
少しでも成長していき、
「自立」という目標を実現したいと思っている。

↓ご協力お願いします


ニート日記ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村