興味のない話にはリアクションが悪くなってしまう

興味の無い話が苦痛でしょうがない

発達障害者の特徴でもあるのだが、
自分が知らないこと、やったことないこと、
興味のないことの話をされるのが苦痛でしょうがない。

苦痛でも適当に話を合わせようとするのだが、
あからさまに反応が悪くなり、
声のトーンが下がり、口数も減ってしまう。

自分でも「こりゃまずいな。相手に不快感与えてるんじゃないか」
と思って、頑張ってテンションを上げようとするが、
どうしてもテンションがあがらず、微妙な空気になってしまう事が多い。

人間は社会的動物だから、できれば色々な人と、
打ち解けて、円滑なコミュニケーションを取り、
人と協力して気持ちよく仕事や遊びに取り組んだ
方がいいに決まっている。

そこでちょっとでも、流行に興味を持とうと、
Twitterのトレンドの順位をなるべく
チェックしようとしているが、
やっぱりみんなが興味を持っているような
ことにはなかなか興味を持てない。
どうしてもどうでもいいと思ってしまう。

困ったものだが、何かいい方法はないか、考えていきたい。
 

あと、これも発達障害者に見られることのようなんだが、
聴覚が普通の人と違うようだ。

聞こえが悪い訳ではなく、
むしろ全ての音が聞こえすぎてしまい
必要な音を聞き分ける、といったことが苦手。

しかも鼻炎傾向もあり声が鼻にかかり、
発声しずらくなることが多い。

職場など、雑音がある場所では相手の話を聞き取るのも
一苦労だし、鼻炎の症状があるときは自分の声を発するのも一苦労。

話題が少ないことといい、ほんとコミュニケーションに向いていない人間だ。

まー今はlineやTwitterなど文字でコミュニケーションを
取ることが多い時代だから、昔よりはなんとかなる環境だけどね。
足りないものを嘆くばかりでは悲しくなってくるから、
あるものを活かすことを考えたい。

ご協力お願いします

 フリーターランキング

ニート日記ランキング 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です